カリスマ洋楽ちゃんねる

洋楽の和訳を毎日UPします!あなたのお気に入りが見つかるかも?

師匠 心よりご冥福お祈り申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

今日は私事ですが、1人の男がこの世を去ったお話をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

タイトルにもあるように、僕のバイクのお師匠が

 

 

 

 

 

 

51歳という若さで1月1日にこの世を去りました

 

 

 

 

 

 

元旦の明け方、新聞配達の途中だったと聞きました

 

 

 

 

 

 

恐らく心筋梗塞での急死でした。

 

 

 

 

 

 

お師匠との出会いは僕がまだ16歳の時で

 

 

 

 

 

 

地元のガソリンスタンドでアルバイトをしていた時のお客さんです

 

 

 

 

 

 

「兄ちゃん!バイク興味ないの?」

 

 

 

 

 

 

ある日、バイトをしていると唐突にそんな事を聞かれ

 

 

 

 

 

 

「え?ありますけど、ビッグスクーターなら乗りたいです、、」

 

 

 

 

 

 

これが初めてのお師匠との会話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからはちょくちょく会うものの、バイクの会話にはならず

 

 

 

 

 

 

「暑いな!」とか「若いんやけんしっかり働きよ!」

 

 

 

 

 

 

など、日常の会話がメインでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17歳になり、僕はバイクの中型免許を取りました

 

 

 

 

 

 

しかし、バイクの”バ”の字も知らない僕は

 

 

 

 

 

 

どうやってバイクを買うのか、どうやって契約したらいいのかも分からず

 

 

 

 

 

 

買うのさえためらっていました

 

 

 

 

 

 

免許を取って2か月程したある日の日曜日

 

 

 

 

 

 

大型の黒色のバイクがガソリンスタンドに止まりました

 

 

 

 

 

 

「イヤー、アッツイな」

 

 

 

 

 

 

フルフェイスのヘルメットから顔を出したのはお師匠でした

 

 

 

 

 

 

「こんなデカいバイク乗ってるんですか?」

 

 

 

 

 

 

初めてお師匠のバイクを目の当たりにした瞬間でした

 

 

 

 

 

 

「そうよ!免許取ったんか?」

 

 

 

 

 

 

「ハイ!でも、どうしたらいいのか分からなくって、、来るの待ってました!(笑)」

 

 

 

 

 

 

「おっしゃ!んじゃ今日の夜迎えに行くから開けといて!」

 

 

 

 

 

 

振り返れば、この頃からお師匠はいつも勝手でした(笑)

 

 

 

 

 

 

「は、はい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の晩

 

 

 

 

 

 

お師匠の車に乗せられ、家からほど近い小さなプレハブ小屋に連行されました。

 

 

 

 

 

 

大丈夫なのか?(笑)心に何かがよぎりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まあ、中に入りや!」

 

 

 

 

 

 

中には2人の中年のおじさんがパソコンにかじりついてます

 

 

 

 

 

 

「おお、キミか!」

 

 

 

 

 

 

「は、初めまして!失礼します!」

 

 

 

 

 

 

お師匠の方に目をやると、ガハガハ笑っていました

 

 

 

 

 

 

「それで、どんなバイクが欲しいの?」

 

 

 

 

 

 

パソコンを見ていたおじさんが言いました

 

 

 

 

 

 

「えっと、ビッグスクーターが欲しいんです!」

 

 

 

 

 

 

おじさん3人共笑ってました

 

 

 

 

 

 

「なんで、ビッグが欲しいの?」

 

 

 

 

 

 

何も考えてない僕に矢を指すような質問でした

 

 

 

 

 

 

「カッコいいから、、」

 

 

 

 

 

 

また3人共笑ってました

 

 

 

 

 

 

「あんなのはバイクじゃないよ、車と一緒ですぐに飽きるから」

 

 

 

 

 

 

1時間程説得され、話しは単車の話しに変わりました(笑)

 

 

 

 

 

 

「単車だったらどういうのが好きなの?」

 

 

 

 

 

 

僕の高校は全国でもトップクラスのゴミ高校だったので

 

 

 

 

 

 

単車の種類はいくつか知っていました。

 

 

 

 

 

 

「ゼファーとか。。」

 

 

 

 

 

 

「んー、水冷の方が走るけど、まあいいんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

話しはほぼ、おじさん達3人で決まっていきます

 

 

 

 

 

 

「これなんかどう?」

 

 

 

 

 

 

開かれたのはヤフオクのページ

 

 

 

 

 

 

「これ、カッコいいですね」

 

 

 

 

 

 

安易な返答になぜかテンションが上がる3人

 

 

 

 

 

 

「お金あるの?早くしないとコレ売れるよ?」

 

 

 

 

 

 

表示されていたのは¥200.000-の大金

 

 

 

 

 

 

 

「何とかします!」

 

 

 

 

 

 

結局その日は、解散し家まで送ってもらいました

 

 

 

 

 

 

「んじゃまた、連絡して!」

 

 

 

 

 

 

情報と業界用語の嵐で、長い間居た時間が、ものの数分のように思えました

 

 

 

 

 

 

家に帰り、母に早速相談しました

 

 

 

 

 

 

案の定激怒(笑)

 

 

 

 

 

 

「そんな大金どうするの!」

 

 

 

 

 

 

当たり前の返事でした。

 

 

 

 

 

 

「バイトしてちゃんと返すから、、、」

 

 

 

 

 

 

3日3晩説得し何とか了承を得ました(笑)

 

 

 

 

 

 

「もしもし!お金親に借りれたのでお願いします!」

 

 

 

 

 

 

お師匠に連絡を入れました

 

 

 

 

 

 

「おっしゃ!わかった!」とだけ言われ電話を切られました。

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

次の日になって連絡が来ました

 

 

 

 

 

 

「ゼファー落としたから!¥200.000-知り合いに渡しといて!」

 

 

 

 

 

 

え?嘘?(笑)

 

 

 

 

 

 

4日後に、バイクは倉庫に来ていました。(笑)

 

 

 

 

 

 

「最初のメンテしてあげるから乗れるのは明日ね!」

 

 

 

 

 

 

展開が早過ぎて、自分ではどうにも整理がつかなくなってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日

 

 

 

 

 

 

「はい、鍵!そこら辺乗ってみて!!」

 

 

 

 

 

 

「ああ、ハイ、」

 

 

 

 

 

 

何故だかみんな笑顔でした。

 

 

 

 

 

 

「んじゃ今度ツーリング行くからおいでね!」

 

 

 

 

 

 

「えぇ!?ハイ!」

 

 

 

 

 

 

その日から今日までの僕のバイク人生がスタートしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのツーリングで2回死にかけたり

 

 

 

 

 

 

止まってるパトカーを煽ろうと空ぶかししてるとスリップして転げたり

 

 

 

 

 

 

ガス欠になって5キロもバイクを押したり

 

 

 

 

 

 

ドロドロになってみんなでバイクを磨いたり

 

 

 

 

 

 

キャンプに行ったり

 

 

 

 

 

 

お師匠と2人でツーリングに行ったり

 

 

 

 

 

 

すべてを昨日のことのように思いだします

 

 

 

 

 

 

今のバイクに乗れてるのも

 

 

 

 

 

 

走りの楽しさを教えてくれたのも

 

 

 

 

 

 

繋がりを作ってくれたのもすべて

 

 

 

 

 

 

お師匠のお陰です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に買ったゼファーは1年程で売却しましたが

 

 

 

 

 

 

次に買ったのもゼファーχというバイクです

 

 

 

 

 

 

暴走族や旧車會でよく使われてるバイクですが

 

 

 

 

 

 

そのバイクであえて、早さを求めるスタイルが好きでした

 

 

 

 

 

 

今も、こうやってブログを書いていますが

 

 

 

 

 

 

そのバイクは今も僕の目の前にあります

 

 

 

 

 

 

高校3年の時に乗り換えたので、もう8年の付き合いになります

 

 

 

 

 

 

ある意味、このバイクをお師匠の形見として一生乗り続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、みなさんに”ある男”のことを知って欲しくて

 

 

 

 

 

 

この記事を書きました

 

 

 

 

 

 

お師匠は仕事が生きがいで、いつもガハガハ笑ってる人でした

 

 

 

 

 

 

長年の新聞配達、弁当屋さんの掛け持ちお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

お師匠が居なければ、僕は違う道に進んでいたでしょうね

 

 

 

 

 

 

いい意味でも、悪い意味でも

 

 

 

 

 

 

天国でも持ち前の明るさと人当たりの良さで

 

 

 

 

 

 

いっぱい友達を作ってください!

 

 

 

 

 

 

想い出はもっともっとあるのですが

 

 

 

 

 

 

このくらいにしておきます。

 

 

 

 

 

 

最後に今朝、綺麗なお顔が拝見できて本当に良かったです

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

Thank you for watching♪Have a good time♪

 

 

 

 

 

See You Again